トレーニングジム(女性)

BLOG

2019.07.22ダイエット

腸内環境を整える

大田区のパーソナルトレーニングジム

アットホームなマイクロジムでトレーニング

4/6 荏原馬込店オープン!

キャンペーン

無料体験実施中!

当日入会特典!登録料3200円→無料!

 

こんにちは!

今日は大友トレーナーの腸内環境のブログです。

フィットネスはトレーニングだけでなく、

食事や内臓機能なども含まれます。

健康=良好なフィットネスとも言えます。

 

運動だけでなく、体の調子や体の知識も入れて、

自身のフィットネスライフに活かして下さい!

 

【スッキリお腹を目指すには腸内環境】

こんにちは!
急にジメジメと蒸し暑くなってきましたね。
いよいよ夏本番です!

夏といえば露出の増える季節です。
そこで今回は、スッキリお腹に繋がる【腸内環境改善】についてお話ししたいと思います。

便秘に悩んでいる人はもちろん、そうでない人も更なる腸内環境の改善を目指して、ぜひご一読ください。

さて、皆さん、毎日快腸でしょうか?
「あれ、そういえば2日間出てないかも…」
「前に出たのいつだっけ?」
という方、結構多いのではないでしょうか。

実は「○○日出ていないと便秘」という明確な定義はありません。

毎日排便がある人もいれば、2日に1回の人、3日に1回の人もいます。
かなり個人差があるんですね。

大切なのはお腹が張ったり不快感がなく、定期的な排便習慣があること。

「いまいちお腹がスッキリしない…」といる方は、腸内環境が少し乱れているかもしれません。

○腸内環境とは?
腸内には、多様な菌が存在しますが、大きく3つに分類できます。
・人に良い影響を与えるもの:善玉菌
・悪い影響を与えるもの:悪玉菌
・善玉菌に悪玉菌どちらにもなるもの:日和見菌

これらのバランスを「腸内環境」と言い、善玉菌が優勢の状態を「よい腸内環境」と呼んでいます。

○善玉菌とは?
善玉菌の代表的なものに、ビフィズス菌・乳酸菌などがあります。

善玉菌などのよい影響を与える細菌を、まとめて「プロバイオティクス」と呼んでいます。

○善玉菌を増やすには?
・発酵食品やヨーグルトを食べる
発酵食品には乳酸菌がたくさん含まれています。
納豆や味噌、キムチやチーズなどを積極的に食べてください。

・オリゴ糖をとる
オリゴ糖は乳酸菌のエサになり、悪玉菌が増えるのを抑えたり、腸を整える働きをします。
大豆やゴボウ、バナナなどに豊富です。

・食物繊維をとる
悪玉菌と腸内の有害物質を減らす作用があります。
善玉菌のエサにもなります。

食物繊維には不溶性と水溶性があります。

不溶性には便通を促したり、腸内の善玉菌を増やす働きがあります。
豆類や穀類、ゴボウなどが代表的です。

水溶性には余分なコレステロールを外に出す働きがあります。
わかめやひじき、果物などが代表的です。

不溶性、水溶性どちらもバランスよくとってください。

(オリゴ糖や食物繊維などの善玉菌のエサになるものを「プレバイオディクス」と言います。)

○腸内環境が整うとどうなる?
善玉菌が優勢だとぜん動運動が促進され、排便がスムーズになります。
その結果、お腹周りがスッキリします。

さらに、腸内の老廃物が少なくなることで、肌質の改善やストレスの軽減、代謝が上がることで太りにくい体質へと変化していきます。

日々腸内では菌たちが頑張って働いてくれています。
ぜひ、菌たちが喜ぶ食事を意識してみてください。
FIRST