トレーニングジム(女性)

BLOG

2019.09.11健康・栄養

食事で気をつけている4つのこと

【ビギナーフィットネス FIRST】

大田区のパーソナルトレーニングジム

アットホームなマイクロジムでトレーニング

 

9/20 大森店Open

キャンペーン:無料体験実施中!

当日入会特典!登録料3200円→無料!

 

皆さん、こんにちは。

荏原馬込店の大友です。

暑さも和らぎはじめましたね。

いよいよ食欲の秋が近づいてきました。

最近会員さんとよく食事のお話をするのですが、

「健康・ダイエットのために

普段、食事で気をつけていることはありますか?」

と質問を受けることが多々ありました。

そんなわけで、今回は私の食生活について書いていこうと思います。

(興味がない方、すみません。今回は読み飛ばしてください。笑)

【食事で気をつけていること】

はい、あります!

4つ、意識していることがあります。

それは・・・

1、寝る2時間前は何も食べない

2、惰性で食べない(お腹が減ってから食べる)

3、ゆっくり食べる

4、主食(糖質)はなるべく最後に食べる

です!

逆にこの4つ以外は、何も意識してません。

基本的には、食べたいものを食べています。

【なぜこの4つなのか?】

答えはシンプルで、

この4つを意識すると

「食事がより美味しく感じる」からです。

ひとつひとつ説明しますね。

1、寝る2時間前は何も食べない

これはですね、朝の空腹感がとっても気持ちいいからです!

おまけに、身体も軽やかです。

逆に寝る前に食べてしまうと、

次の日の朝、なんとなーく身体がダルいんです。

寝付きも悪いような気がします。

なので「ガマンして食べない!」というよりは、

次の日の空腹感・爽快感が楽しみで、食べないようにしています。

2、惰性で食べない(お腹が減ってから食べる)

これはもう単純に、

お腹が空いてから食べた方が、断然食事が美味しく感じられるからです。

昔は時間になったら食べていたのですが、

それだと食事が義務みたいになってしまったので、

お腹が空くまで食べないように変えました。

そしたら本当に、食事が美味しい!

それ以来、習慣で食べるのをやめました。

3、ゆっくり食べる

これは、何度も「食べ過ぎて気持ち悪い・・・」

という失敗を繰り返した結果です。

食べているときは感じないのですが、

食べ終わって少しするとダルさに襲われて、気付きました。

「食べ過ぎると、気持ち悪くなる!」と。

それから何度か気持ち悪いを繰り返し、

少しずつ、自分の適量がわかるようになりました。

ちなみに「お腹いっぱい!」

という指令が出されるのは、

食べ始めてから約20分後と言われています。

なので、それよりも前に食べ終えてしまうと

自分の適量を超えて食べ過ぎてしまう恐れがあります。

なので食べるときは20分以上、時間をかけるように意識しています。

結果、食べる量はかなり減ったのですが、

満腹感はしっかり感じます!

ここまでは「健康・ダイエットのために我慢・・・」

という辛さもなく、

「こっちの方がより食事が美味しく感じるからそうする」

というポジティブな理由で、続けています。

そしてひとつだけ、これはすこーし頑張っています。笑

4、主食(糖質)はなるべく最後に食べる

はい、これです。

「ご飯(主食・糖質)食べたいけど、まずは野菜!!」

という気合いを入れています。

こういう行動のハードルが上がるものは、

理論武装で固めるのが私流。

以下、この「主食を最後に食べる」を守るため、

自分に言い聞かせていることです。

「主食を最初に食べると、血糖値が急上昇する。

血糖値が急上昇すると、今度はインスリンが分泌され、

一気に血糖値は急降下。

このインスリンが脂肪合成を高めるため、

脂肪が蓄積されやすくなってしまう。

脂肪を蓄積させないため、血糖値の急上昇を避けないと!

だから主食は後回し!」

そして最近はもうひとつ、下記も追加しています。

「主食が増えると、体内にブドウ糖が増える。

(主食(糖質)はブドウ糖に分解されます)

ブドウ糖が増えるとAGEという老化の原因になる物質が増える。

(これは後日詳しくブログに書きますね。)

老化現象を避けるためにも、主食をとりすぎないようにする!

後に回せば、お腹いっぱいでそんなに食べられない!

だから主食は後回し!美容のため!」

ここまで考えると、

「ご飯食べたい!」よりも「野菜から食べようかな・・・」

となるのが乙女心というものです。

 

【まとめ】

長々と私の食生活事情にお付き合いいただき、

誠にありがとうございました。

実はこの4つ、

健康の本や、ダイエットの本にもよく出てくる項目なのです。

「病気になりたくなければこれを意識しなさい」

「太りたくなければこれを実行しなさい」

などと書かれているのですが、

読んだ時の私の率直な感想は、

「分かっちゃいるけど、なかなか難しい・・・」

でした。

そこで、実行するために

「やらないといけない」

を、どうやったら

「やりたい!」

に変えられるか考えました。

その結果が、

上記のような「実行したあとの嬉しい変化」を探すことでした。

今回私がお伝えしたかったことは、

【我慢ではなく、楽しみながら普段の食事と向き合う】

ということです。

食事は「○月まであれを食べるのをガマンする!」

というような短期的なものではなく、

生涯付き合う、ライフワークのようなものだと思うのです。

特に頑張り屋の方は、ついつい

「あれは食べない。これもガマン!」

と、自分を追い込んでしまいがちです。

そして楽しいはずの食事が苦痛になってしまう。

だから、皆さんには

ガマン!ではなく、

楽しみながら、食事と向き合ってほしいと思っています。

結果、身体に良い食習慣が身につけば、最高です。

今回のブログが、そのささやかなきっかけになれば

とても嬉しく思っています。
FIRST