トレーニングジム(女性)

BLOG

2019.10.19健康・栄養

つらい足の「つり」を防ごう!

【ビギナーフィットネス FIRST】

大田区のパーソナルトレーニングジム

アットホームなマイクロジムでトレーニング

 

9/20 大森店Open

キャンペーン:無料体験実施中!

当日入会特典!登録料2000円→無料!

 

 

皆さんこんにちは。
荏原馬込店の大友です。

急に寒くなってきましたね。

寒くなると気をつけたいのが、足のつり。

実は最近、荏原馬込店の会員さんから、「夜中に足がつって辛かった〜」
なんて声が続出しています。

そこで今回は、足のつりの原因・対処法・予防ついてお話ししたいと思います。

つらい足のつりから解放されて、穏やかな日々を取り戻しましょう!

【そもそもつるってどういう状態?】

突然起こる、筋肉の強い収縮と、その収縮が元に戻らない状態を言います。

俗称「こむら返り」、医学用語だと「有痛性筋痙攣・筋クランプ」と言われます。

【どうしてつるの?】

大きな原因は3つあります。

・筋肉疲労

・ミネラル不足

・筋肉不足

たとえば、こんな時に足がつった経験はありませんか?

1、長時間の立ち仕事や激しい運動の後

2、眠っているとき(特に夜中や明け方ちかく)

3、年齢を重ねるようになってから(若いときはなかったのに・・・


1は筋肉疲労が原因で起こっています。

とくに若い方は足を使うスポーツで起こりやすいと言われています。

中高年の方は、軽い運動(ジョギングなど)でも起こりやすくなります。

2はミネラル不足が原因です。

私たちは眠っている間に汗をかくため、夜中や明け方に軽い脱水状態になります。

このときにミネラルバランスが崩れることで起こります。

3は筋肉不足が原因です。

筋肉量が減ると、血行が低下します。

すると筋肉の疲労物質(乳酸など)が排出されなくなり、神経が興奮状態になります。

そして筋肉の伸縮コントロールがうまく出来ずに、過度に収縮してしまいます。

【つったときはどうすればいい?】

つったときは、その部分を優しくマッサージしてあげてください。

基本的には、つった状態は一過性です。

少しガマンすれば、やがて症状は落ち着いてきます

【予防はできる?】

とはいえ、あの「ピキッ」とした感じ、つらいですよね。

簡単ですが、以下の方法で予防できます。

・ふくらはぎをマッサージする

・寝る前に一杯のミネラルウォーターを飲む

・適度な運動と、運動のあとにストレッチをする

トレーナーとしては、ぜひ運動習慣をつけてほしいと思います。

寒くなってきたこの季節は、冷えによる血行不良で足がつりやすくなるためです。

運動することで身体が温まり、筋肉量が増えることで血行が良くなります。

とくに下半身、ふくらはぎ周りの筋肉を鍛えてあげると効果的です。

水分をしっかりとって身体を動かし、寝る前にストレッチ。

ぜひこの3つを実践してみてください♪
FIRST

お得なキャンペーン実施中♪


無料体験実施中!(新規の方対象)
【当日入会】登録料2000円→無料♪


体験トレーニングのご予約

       

トレーニング予約より体験予約をお願い致します。
※セッション時など、お電話をお受けできない場合がございます。


050-5359-0707