トレーニングジム(女性)

BLOG

2021.08.11ダイエット

常識を疑え!? ダイエットに関する誤解5選


『ビギナーのためのフィットネスブログ』

こんにちは!トレーナーの石田です☺️
僕は最近、怪我の防止とトレーニングの質の向上のために初心に立ち帰り、トレーニングフォームを一から見直している所です。 地味な作業ですが、何事も基本を疎かにしてはいけませんね!
さて、今回はダイエットに関する間違った常識を5つ紹介していきたいと思います。
どんな事柄でも正しくない情報が広がることはありますが、ダイエットは顕著にそれが見られると感じています。
率直に言って、ダイエットは時間もかかるし辛いと感じる瞬間も多いと思います。
そんな時に、楽して痩せられる方法などをネットで調べ情報の精査を行わずに盲信してしまうと、遠回りをすることになりかねません。
正しい知識を身につけて、効率的なダイエットを行いましょう!





1 ❌炭水化物はダイエットの敵である  









フィットネスに詳しくない方のダイエット方法として最も多いのが炭水化物を減らす、いわゆるロカボだと思います。
最もポピュラーなダイエット方法であるが故に炭水化物=悪と思っている方も少なくないのではないでしょうか。
確かに炭水化物を減らすことはダイエットに効果がありますが、同時に脂質にも目を向けてもらいたいと思います。
例えば、ライスを食べないからといって焼肉などを頻繁に食べて入れば痩せませんし、そもそも日本人は稲作開始以来炭水化物を食べ続けて生きてきて、油の多い肉を食べるようになったのは最近のことです。
その意味で、日本人には過度な炭水化物制限よりも脂質制限が向いているという説もあります。
さらに炭水化物を控えることでエネルギー不足で立ちくらみがしたり、十分な水分や食物繊維が摂取できない恐れもあります。
炭水化物のみを制限するよりも、脂質にも気を配り、バランスの良いダイエットをお勧めします。





2 ❌週に一回はチートデーを行っても良い





ダイエットをしていてチートデーを設けているという方もいると思いますが、これにも落とし穴があります。
チートデーとは、ダイエット中に好きなものを好きなだけ食べる日を設けることで、エネルギー不足によって落ち込んだ代謝を戻すテクニックのことです。
これは本来、アスリートなどが過度な減量を長期間にわたって行う際に、計画的に行う行為なのですが、なんでも食べていいという部分だけがピックアップされて一般の方に広まってしまっているのが現状です。
そもそも、一般のダイエッターでそこまで厳しい減量を行なってる方も少ないですし、週に一回などと決めて行うものではないので逆効果の場合が多いです。
ダイエットのストレスを軽減するためにたまに好きなものを食べるなどは問題ないですが、週に一回のように決めると体は枯渇していないのに、沢山食べることが目的になってしまいダイエットの妨げになるのでチートデーを過信しないようにしましょう。





3 ❌ナッツ類や果物はダイエット中でも食べていい





これは、間違いというより食べ方に注意が必要という項目です。
ナッツや果物はなんとなく健康的で、食べても太らないような気がしますよね?
実際に間食として進めているサイトや本もあります。 しかし、ナッツは脂質の塊ですし果物にも糖質が含まれており、当然カロリーはあります。
くるみを例に出すと、50gあたり(12粒程度)約340kcalで、ついつい美味しくて食べ過ぎてしまうと、思わぬカロリーを摂取しているので量を決めて食べ過ぎないようにしましょう。





4 ❌部分痩せをすることができる





「部分痩せ」という概念はもはや常識のようになりつつあります。
お腹の脂肪を取りたいから腹筋する、二の腕を引き締めたいから腕立てをする。これらは当たり前だと思いますよね?
しかし、部分痩せというのは現実的でないというのが今のフィットネスの主流の考え方です。
体脂肪が蓄積する際にはつきやすい場所とそうでない場所がありますが、全身に薄く脂肪が乗っていきます。
そして、痩せるときも同様に全身の脂肪が少しずつ分解されていくのです。
そもそも、筋肉と脂肪は独立した組織で筋肉を動かすこととその周辺の脂肪が分解されることに相関があると考える方が不自然です。
お腹はバキバキなのに足や腕は太っている人なんて居ませんよね?
あくまでも筋トレは太りにくい体を作るもので動かした部位の脂肪を減らすための行為ではないことを認識しておきましょう。





5 ❌夜に食べると太る





これは驚いた方も多いと思いますが、ダイエットと食べる時間帯は関係が無いことがロンドン大学の研究で明らかになっています。
体脂肪の増減は1日の総摂取カロリーで決定されるもので、夜に食べても総合して食べ過ぎていなければ太らないし、逆に朝でも食べすぎれば太ります。
なので、食べる時間よりも1日を通して何を食べたかに注目してみてください。
ただし、寝る直前に大量に食べると眠りの質を低下させるので疲労回復のためにも就寝時間の約二時間前には食事を終えるようにしましょう!





まとめ





以上、ダイエットに関する間違った常識を5つ紹介しました。 ネットで様々な情報にアクセスできる現代だからこそ、正しい情報を精査して効果的なダイエットを行なってください! 今回はここまでです。 読んでいただきありがとうございました!😃

ビギナーフィットネスFIRST 石田
(水)蒲田16:00−22:00
(木)西蒲田15:30−21:30
(日)蒲田10:00−16:00


FIRST

お得なキャンペーン実施中♪


30分体験トレーニング実施中!(新規の方対象、体験料30分3000円)

西蒲田店限定 無料体験トレーニング実施中!(新規の方対象)

通常料金30分×3回 ¥10000(税込)

通常料金45分×3回 ¥15000(税込)

スリムシェイピング45分×7回 ¥25000(税込)※プラン変更のため2021.9月末にて受付一時停止

体験トレーニングのご予約

       

トレーニング予約より体験予約をお願い致します。
※セッション時など、お電話をお受けできない場合がございます。
お問い合わせなどはLINEもしくはCONTACTよりご連絡お願い致します。

友だち追加