『スクワット1つでも100通り』

こんにちは!代表の山田光貴です。(写真はもちろん自分でなく、女性のスタッフです。笑)

今日は先日に深く考えずに載せたインスタグラムのスクワットのトレーニング動画をもう少し、詳しくまとめたいと思い、ブログに更新します。

スクワットは脚周りのトレーニングで、

キングオブエクササイズなんて言われるくらいの有名な種目です。

あまりトレーニングに興味ない人でも知ってると思います。

お笑いで言えば明石家さんまさん、

陸上界で言えばウサイン・ボルト選手くらいの知名度かと。

そんなスクワットの基本は、

・背筋を伸ばして、床と水平までしゃがむ。

・膝が爪先より前にいかないようにお尻を引きながら行う。

簡単に言えばこんな感じなのです。

基本としてはこれを踏まえた上でトレーニングのサポートを行いますが、

基本がベストではないということも含めて説明したいと思います。

【最適のフォームは人それぞれ!】

題名にある『スクワット1つでも100通り』というのは、100人の人がいたら100通りのスクワットの仕方があります、そういう意味です。

例えば、立ち仕事の人とデスクワークの人。

・立ち仕事の人なら重心の調整を入れたスクワット

・デスクワークならお尻を意識、正しい姿勢を保てるスクワットを案内します。

生活の基本姿勢が違うと固くなりやすい筋肉が違ったり、姿勢に違いが出てきます。

生活のクセがトレーニングのフォームにも影響します。

立ち仕事の人で多いのは、重心のズレ。

立ち仕事の苦労をここで考えてみましょう。

8時間何かの警備で立ってないといけないとします。

8時間ずっと立ちっぱなし(本来は休憩あると思いますが、、、)

そうするとあなたならどうしますか?

恐らくどちらかに体重をのせて、疲れたら反対などを繰り返します。

そうするとどちらかに多く負担がかかりやすく、

スクワットで重量を持った時などに片方によりやすくなります。

最初のうちは良くとも、日々片脚に負担が増し、

膝や腰の怪我をしやすくなります。

この場合、片脚スクワットやランジなど、

片脚の種目で重心やバランスを調整してからスクワットに入るようにするといいですね!

【デスクワークの場合】

デスクワークの場合は姿勢と股関節の不具合が多いです。

デスクワークは猫背になりやすく、背骨も曲がりやすくなってしまいます。

その為姿勢がまっすぐ保てずに重心が爪先にかかったり、膝が前に出やすい、しゃがんだ時に上体が前に倒れやすいことが多いです。

また2つ目の問題は、股関節の不具合。

これは言われてもピンとこない人が多いと思いますが、

座っている姿勢は脚の付け根が90度に曲がった状態になり、腸腰筋と言われる腰と太ももに繋がっている部分がずっと収縮してしまいます。

この収縮している状態(グッと縮こまる状態)が続くと、筋肉も硬まり伸びづらくなります。この筋肉はもも前に関係していて、ここが硬い状態のまま脚のトレーニングをするとももの前が張りやすく、脚が太くなりやすいです。

また座っている時間が長いとお尻の筋肉や神経が圧迫され、血流量が減りやすくむくみやすい、そうするとトレーニング中も脳からお尻の神経に伝達がされづらくなり、いくら頑張ってもヒップアップしないんです。

これをグルータスアムニージア(お尻の記憶喪失)と言われていて、研究されていますが、デスクワークが日常にならなければ研究されることもなかったですね。

お尻をあげたいという方は多いので、それを含めても女性にはお尻のトレーニングを案内することが多いですが、男性も是非お尻トレーニングはやるべきです。

男性・女性関係なく、グルータスアムニージアになっている場合が多いので。

デスクワークの場合、お尻のトレーニングや背中のトレーニング、体幹トレーニングを入れてから、

いい姿勢を保つことが出来て、お尻にも神経伝達ができる状態でスクワットをオススメしています。

なのでスクワットに入るまでの時間が結構掛かったりしますね。

その人の身体の状態によってはスクワットを案内しないことも全然あります。

【トレーニングで変わる生活の質と身体のクセ】

生きていれば無意識にくせが出てしまいます。

座っている時のくせ、立っている時のくせ、寝ている時のくせ。

スポーツの競技ごとにもくせが出てきます。むしろ出やすいです。

そのくせが姿勢などに影響していて、体の崩れから疲れやすさなどが出てきます。

トレーニングはそんなくせを修正できる手段です。

そして変わった実感が出たときは本当に嬉しい。感動ものです!

明確な変化だけでなくても、トレーニング後の爽快感や達成感なども感じやすい変化で、

これは継続して慣れたら感じられるはず。

トレーニングは奥が深い。そう思ってもらえれば嬉しいです。

また難しいと感じたかもしれません。そこで自分には無理と判断せず、基本を確認してやってみて下さい。

知識も大事だけど、第一は行動することなので。

公式LINEやインスタグラムでも分かりやすい基本をおさえたトレーニングの案内を目指して、更新や配信をしていきます。

今ジムに通っていない人も、是非自宅でやってみて下さい。

やってみた上で、あまり効果を感じないこともあります。

基本が出来ているのに効果を感じない場合は、神経の伝達が悪かったり、

そもそも基本のフォームができない場合は身体のくせが強すぎることが原因で考えられます。

そこで必要なのがパーソナルトレーニングだと思っています。

自分では気づかない体のくせと修正点を教えてもらいながら、

自分のためのトレーニングができる。

フィットネスジムにはない魅力かと思います。

最後は営業文になってしまいましたが、是非色んなトレーニングと自分に合ったフォームやトレーニングの模索をしてみて下さい。

トレーニングで生活が豊かになりますように!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次