効果的なストレッチ!

こんにちは!
みなさんはしっかりストレッチやってますか?
トレーニングを頑張ってもストレッチを怠って怪我をしてしまうことは多いです。
ストレッチには怪我の予防につながる柔軟性や疲労軽減が期待できます。

今日はそんなストレッチの紹介を樹来トレーナーが書いたのでぜひ読んで下さい!

こんにちは!トレーナーの樹来です‼︎

今回のブログはストレッチについです。
自宅やジムでトレーニング前後にストレッチはしますか?
ストレッチをするかしないかによって、トレーニング効果が変わるかもしれません。
今回はトレーニングの前後でストレッチをするのかしないのかについてご紹介していきます。

運動前には怪我の予防のためにストレッチをする。という事を体育の授業や部活で教わりましたよね!

でも、トレーニングの時もストレッチは必要なのでしょうか?筋トレでストレッチをするメリットがあるのか?そもそもトレーニングは、他のスポーツと同じ運動としてみてもいいのでしょうか?など、気になりますよね!
ストレッチのメリットなど確認しておきましょう。

〜ストレッチの種類〜

ストレッチは2種類あります。
1つ目はラジオ体操のような「動的ストレッチ」
2つ目はヨガのような「静的ストレッチ」 の2種類です。トレーニングの前後にストレッチをする場合は、この2種類を使い分ける必要があります!

〜ストレッチのメリット〜

1・身体が温まる
血流が良くなると筋肉が温まります。柔らかくなるので「肉離れの予防」にもなるでしょう。

2・関節の可動域が広がる
関節が固いと可動域が狭くなり、怪我をしやすくなります。ストレッチで可動域を広げると、予想外の動きがあっても「柔軟に対応できる」でしょう。

3・疲労の軽減
血流を良くすると、たまった疲労物質を流す事ができます。「筋肉痛の軽減やむくみ解消」にも効果があるでしょう。

〜筋トレ前にストレッチはする?しない?〜

1・やるなら動的ストレッチ
少し難しいですが、ラジオ体操のような軽い動きで身体を温める動的ストレッチ。いわゆるウォーミングアップですね!やるなら軽く動くようなストレッチがオススメです。

2・筋トレがストレッチになっている
筋トレの動きがすでに動的ストレッチになっています。最初に一番軽い負荷でウォーミングアップをすれば、ストレッチは不要です。可動域を広くしてじゅうぶん筋肉を温めましょう。

〜筋トレ後にストレッチはする?しない?

1・やるなら静的ストレッチ
いわゆる筋肉を伸ばす柔軟体操です。トレーニングにより蓄積された疲労を軽減する事ができます。翌日の筋肉痛も和らげられそうです!

このように、ストレッチにはさまざまな効果やメリットがあります。
でも、あまりストレッチを前にしすぎると筋力が少し低下するので、その日鍛える部位などはトレーニング後に行い、他の部位のストレッチなどをして
柔軟性をつけましょう!

ストレッチには、怪我予防は勿論、健康維持にも物凄く大事なトレーニングです!

是非参考にしてみて下さい‼︎

ビギナーフィットネスFIRST
鯰江樹来

〜まとめ〜
いかがでしたか?
だいぶまとまってたので、まとめることもあまりないですが。
ストレッチは大事ですが、トレーニング前にはラジオ体操のような動的ストレッチがオススメです!
ぐーっと伸ばす静的ストレッチは運動後やお風呂上がりにオススメ!
寝る30分前くらいにやるのもいいですね!
ちなみに20秒以上やると柔軟性向上につながりやすいです。
運動前でない場合で伸ばす目的なら120秒かけてストレッチすることもあります。
次回の公式ラインでの配信は樹来トレーナーのストレッチにしようかな。

樹来トレーナー:パーソナルトレーニングはもちろんボクシングの教え方も上手!予約が1番取りづらい人気のトレーナーです!

火曜日 蒲田18:30-22:00、水曜日 川崎18:30-21:30、金曜日 蒲田17:00-22:00、土曜日 蒲田9:30-18:00、日曜日 川崎10:00-19:00

「川崎・蒲田・馬込のビギナーのためのパーソナルトレーニング』始めやすくて、通いやすい!価格も安くて、続けやすい!

通常料金:30分×4回 ¥11000、45分×4回 ¥17000

【キャンペーン情報】

<全店舗>

①30分無料体験実施中、体験当日の入会で登録料2000円→無料♪

②新規限定100名 30分×5回 ¥10000、45分×5回 ¥15000

<川崎店>

◆残り17名◆永久割引 30分×5回 ¥11000、45分×5回 ¥17000

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次